CFD 米国VIX

宝くじ銘柄3 米国VIブルETF VIX指数を活用した投資手法

こんばんは、みなさんお待ちかねのVIX指数を活用した投資です。

あやたかさんが推奨しているVIXを使った投資法ですね。

自分のトレードの為にまとめたいと思います。

私も最近は米国VIにはお世話になっております。

VIX指数とは

S&P500を対象とするオプション取引のボラティリティを元に算出、公表している指数。

数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っているとされる。

通常は10から20の間で推移する wikiより

恐怖度が上がるとVIX指数が20~30、40と上がっていきます。

VIX指数は知名度が低い

『人の行く裏に道あり 花の山』

投資で成功するためには、他人と別の行動をとらなくてはならないという意味の格言

知名度が低い投資手法は一般的には敬遠されがちですが

実はとっても利益が出しやすい手法が隠れている!!

米国VIブルETFのチャート

2,3年のチャートを見てみましょう

基本的に右肩下がりです。

3ヵ月で見ると上下する事もありますが

最終的には恐怖がなくなると下がっていきます。

これは時間が経過すると米国VIブルETFは下落するという性質も持っているからです。

 

米国VIブルETF 投資方法

米国VI(VIX指数)が20の時に米国VIブルETFを空売りする

※最初は数量「1」で売る事を推奨

数量を少しずつ増やしていくのがポイント

初めから数量「10」や「20」と空売りすると後で上昇した時に

空売りする資金がなくなります。(ただし資金が大量にある人を除くw)

ロスカットレートは空売りした数字の5倍に設定

※米国VIブルETFが40ならロスカットレートは200に設定

5倍を超えるような事はリーマンショック級の事がない限りは起きませんが、

絶対とは言い切れません。

もっとロスカットレートを上げる事も出来ますが資金を拘束されるので

5倍の数値は十分安全圏と言えます。

私はもっと低い値で設定する事もあります。

ロスカットレートは絶対に設定しましょう。

初期値は相当低く設定されています。

いつロスカットになってもおかしくない数字になってます。

VIX指数が5上昇する毎に空売りを追加する。

※VIX指数が25、30、35…となる度に空売りを追加する。

VIX指数が13以下になると買戻しを行う。

 

どこで買えるの? 取引口座

米国VIブルETFの投資はGMOクリック証券【CFD口座】で行います。

米国VIが20になる時は年に数回しかありません。

今だと大体トランプさんが暴走している時ですね。笑

その後時間と共に元に戻ります。

ちなみVIX指数が10~20の状態が1年の内300日ほどです。

それより上がっている時(恐怖を感じている時)が投資のチャンスの時ですね。

株が暴落していると恐怖指数が上がります。

ロスカットレートの設定さえしっかりしていれば手堅い投資が出来ます。

 

初めての取引する人向け 設定の仕方 説明

①トレード画面で米国VIベアETFを選ぶ

この画面が出てればOK

②BID(空売り)を選択

③指値の場合は通常を選択する

④注文する

間違えてないか確認後、注文する。

⑤注文を確認する

⑥注文を変更する

⑦ロスカットレートの設定

⑧確認後、変更する

完了です!!!お疲れ様でした。

 

VIXを使った投資は、投資機会が多くはなく年に数回と限られているのでチャンスで確実に投資出来るようにしましょう。口座はいつでも投資出来るようにGMOクリック証券【CFD口座】開いておきましょう。

それでは楽しい投資ライフを(/・ω・)/