資産運用

楽天カードで投資信託が購入可能に!年間最大6000ポイント貯まります。

投信積立で楽天カード決済が可能に!2018年10月27日スタート!

衝撃的なニュースが流れてきました。
投資信託が楽天カードで買えるという。
前回の投稿に続き楽天ポイントネタですね。
※ポイ活ブログではありません。投資ブログです←

 

投資信託の積立注文に楽天カードクレジット決済を利用すると、

積立額の1%に楽天スーパーポイントが付与されます。

 

おすすめポイント1

積立額の1%分に楽天スーパーポイントが貯まる

100円につき1円相当のポイントが貯まる!

おすすめポイント2

100円~50,000円まで地涌に設定可能。
楽天スーパーポイントを積立てに活用できる。→通常ポイントがもらえるという事です。

ちなみに投信積立でポイント利用が可能に!こちらは2018年9月30日スタート!
個人的にポイント分は手動で買う予定です。

おすすめポイント3

約2,500種類の投資信託を購入可能。
特定・一般・NISA・つみたてNISAも取引対象。

 

投信積立での楽天カードクレジット決済とは?

楽天証券では、これまで投資信託の積立の引落方法として、証券口座からの引落と銀行口座からの引落を提供しておりましたが、新たに楽天カードクレジット決済が加わります。
楽天カードクレジット決済では月額50,000円までを上限に、クレジットカード払いで投信積立を行うことができ、楽天カードからカード決済額の1%分の楽天スーパーポイントが付与されます。
12日までに申込を行った積立設定分を翌月1日(休業日の場合はその翌営業日)に買付け、その後、27日(休業日の場合はその翌営業日)に楽天カードの引落先の銀行口座から引き落とされます。本サービスはリボ払いの対象外です。 楽天証券より

 

楽天カードクレジット決済を使った投信積立の流れ

積立申込締切日

毎月12日がよく付きの自動積立分のお申し込みとなります。

自動積立日

毎月1日(休日の場合、翌営業日)

カード引き落とし日

毎月27日(休日の場合、翌営業日)残高に注意!!

 

楽天カードの利用限度額には注意しましょう。
利用限度額超えていると積立されない可能性があるかもしれません。

クレジットカードで投資信託を買うといえばマルイのエポスカード

丸井グループのtsumiki(ツミキ)証券がありましたよね。2018/09から参入予定。

完全に楽天はこれに合わせてきました。

3,000円~50,000円の範囲内。月5万が最大。

基本還元率は0.5%。

「エポスゴールドカード」だと、年間100万円利用で10000ポイントもらえる
年間100万円きっちり使った場合の還元率は2%
→100万も使わないけど・・

購入できる投資信託

ひふみ投信 ひふみプラス
セゾン投信 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
セゾン投信 セゾン資産形成の達人ファンド
コモンズ投信 コモンズ30

この4件しか買えません。

完全に楽天の勝利。

楽天経済圏の囲い込まれにいきましょう。その方がどんどんポイント貯まります。

 

毎月5万投資信託購入するの継続出来る?

普通に月5万余裕で買っていた人はそのまま楽天カードに変更したらいいだけですよね。
つみたてNISAの人はMAX月3万3,333円買ってますよね

流石に毎月5万は厳しいですという方
私がやろうとしているのは債券を買うという方法。
とくに国内債券だと値動きほぼないので。

国内債券5万買う→売る→この繰り返しでポイントだけ貯まります。
よい子は真似しないでね。笑

・eMAXIS Slim 国内債券インデックス
・たわらノーロード 国内債券
・三井住友・日本債券インデックス・ファンド

狙うのはこのあたりですかね。
普通に積立目的で株型買ってもいいと思いますが本来はそういう使い方するべきです。

これで年間6,000ポイント。

あわせて読みたい
楽天証券で100円投資信託積立を使ってハッピープログラムスーパーVIPを狙う方法みなさんは「つみたてNISA」使ってますか? 楽天証券・楽天銀行を使ってますか? 楽天銀行のハッピープログラムお得ですよね ...

前回の投稿で年間1万ポイント貯まりますから。
投資に月約3万必要。資金が足りなくなったら投信売ればOK。
今回の楽天カード分ポイントとハッピープログラムは併用できます。
合わせれば年間16,000ポイントは貯まります。

 

月5万の上限がなかったらやばいことになってましたよね
錬金術出来てました。笑
例えば月100万だと年間12万ポイントという事になりますから
ただお金を回しているだけなのに、それは流石にさせてもらえませんね

 

投資信託は楽天証券一択です。
他の証券会社で「つみたてNISA」している人は、楽天に移管を検討した方がいいかも
それくらい大きいニュースでした。

 

他の資産運用はこちら