資産運用

「貯蓄から投資」実態は逆 まったく進んでなかった

こんばんは、ふとニュースを見てると驚きのニュースと発見

投資ブログとしては触れなくては。笑

 

Yahoo!ニュースにこんな記事がありました。

<投資信託>家計保有額、30兆円以上も誤計上 日銀がミス

個人の代表的投資商品である「投資信託」の家計保有額が、
日銀の統計作成時の誤りで30兆円以上も過大計上されていたことが判明した。
近年順調に増加しているとされてきた投信保有額が、
実際は減っていたことになり、
「貯蓄から投資」が進んでいると信じてきた証券業界に衝撃が広がっている。

このニュースを見たときは衝撃でした。
iDecoやNISAを進めてきて
特にNISAのCMはよく見るようになってきましたよね
その中で現状維持ではなく減っているという実態。。

あれだけ貯蓄から投資と言っておいてこの結果ですか

 

過剰計上があったのは、金融機関や家計など各部門の資産や負債の推移などを示す「資金循環統計」。
同統計では年1回調査方法を見直す改定を行っており、
今年6月下旬発表分の改定値を算出する際に過剰計上が見つかった。
2005年以降の数値をさかのぼって改定した結果、
17年12月末の家計の投信保有額は、
改定前の109兆1000億円から約33兆円少ない76兆4000億円まで激減。
個人金融資産に占める投信の割合も、
改定前は12年の3.8%から17年の5.8%まで上昇していたが、
改定後は14年の4.6%をピークに低下し、
17年は4.1%まで下落していたことが分かった。

 

これほど大きな修正が生じたのは、日銀が、
ゆうちょ銀行が保有する投信を個人が保有しているものと誤って
計算していたことが原因。

 

個人金融資産に占める投資信託の割合

12年 14年 17年
改定前 3.8% 5.8%
改定後 4.6% 4.1%

 

 

家計の保有額は、投信の総額から、
金融機関など他部門の保有額を差し引くことで算出している。
日銀が改定作業を行う際、ゆうちょ銀の保有分でこれまで「外国債券」
としていた資産の一部が実は投信だったことが判明。
改定後はその分だけ金融機関の投信保有額が膨らみ、
逆に家計保有分は減額された。

 

30億円なら分かるが、個別指標で30兆円も変わる改定は聞いたことがない

30憶も分からないけど。笑

 

これは投資信託の結果なので
株では増えているかもしれませんが
iDecoとつみててNISAは投資信託で運用することが多いので
株の割合も大きく変化してないと考えてます。

 

家計の金融資産

個人や、法人形態を取らない自営業者(農林業従事者を含む)が保有する現預金、株式、投資信託などの金融商品の合計。
日銀が四半期ごとに「資金循環統計」で公表しており、
18年3月時点の総額は1829兆205億円。資産ごとの比率は、
現預金が52%▽保険・年金準備金28%▽株式6%▽投資信託4%--など。
現預金は近年52%前後にとどまっている。

 

分かりやすいグラフを発見しました。日銀が出している資料です。

(2017/08/08)

 

家計の金融資産構成

 

資金循環の日米欧比較 「家計の金融資産比較 日本、米国、ユーロエリアより」

 

こうしてみると株式の割合が違う事が一目瞭然です。
日本は貯金・預金大好きですからね
それにしても米国が貯金の割合少なすぎ?

 

投資信託も株も倍以上米国の方が多いですね。

小さいときから金融知識つけて

金融リテラシー高いからそうなるよね

日本も投資の割合増やしていかないといけませんね

私は投資額はどんどん増やしていく予定です。

 

 

 

他の資産運用はこちら