投資信託で米国株投資をするならどれがいい?S&P500やVTIにほったらかし投資

シェアする

米国株を購入したいけど、個別株、ETFは少し敷居が高いですよね。

そんな時におすすめなのが投資信託で購入する方法です。

ETFを購入した時に比べると少し手数料がかかりますが、

お手軽に買える点を考慮すると投資信託で購入するのも選択肢に入ります。

私も主に先進国株しか買ってなかったのですが、

最近は米国株投資にシフトしています。

どの指標に連動する投資信託にするか?

・NYダウ

・S&P500

・VTI

NYダウとは

「ダウ平均」や「ダウ工業株30種」とも呼ばれ、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices)が算出・公表する、アメリカ合衆国の代表的な株価指数をいいます。これは、米国を代表する優良30銘柄を選出して指数化したもの。

Apple、Microsoft、Intel(インテル)

Coca-Cola(コカ・コーラ)、McDonald’s(マクドナルド)

Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)

Pfizer(ファイザー)、Walmart(ウォルマート)、

Procter & Gamble(P&G)、Johnson & Johnson、

Walt Disney(ウォルト・ディズニー)、Nike(ナイキ)などなど

30種類。

ダウ構成銘柄 構成銘柄 wiki

アマゾンが入ってない。。

グーグルも入ってない。。

情報通信業種のものばかり入れても偏りますからね

個人的にはダウに投資することはないな

AmazonやGoogleを買いたい派なので

S&P500

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスが算出しているアメリカの代表的な株価指数。ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される、時価総額加重平均型株価指数である。

米国の主要産業を代表する500社で構成されています。

ダウは30社なので500社のS&P500の方が米国全体の動きを反映させれます。

流行りのAmazon、Google、Facebookなども入っています。

ウォーレン・バフェットが身内にS&P500への投資を推奨

遺産運用は90%はS&P500インデックスを、

10%は米国短期国債を買うように推奨したと述べています。

投資信託でS&P500に投資

候補はこの2つに絞れる

iFree S&P500インデックス

運用方針

主として、「S&P500インデックス・マザーファンド」を通じて、米国の株式(DR(預託証券)を含む)に投資し、投資成果をS&P500指数(円ベース)の動きに連動させることをめざして運用する。運用の効率化を図るため、米国株式の指数と連動をめざすETFと株価指数先物取引を利用することがある。為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは原則として行わない

ファンド管理費(含む信託報酬) 0.243%(税込)

7/2まではこれ一択でした。

他のS&P500に投資する投資信託の中では信託報酬が一番安いですが

それでも0.243%は手数料が安くなってきている中では高いと感じる水準。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

ファンドの特徴

S&P500指数(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざして
運用を行います。

7/3よりイーマクシススリムシリーズに登場しました。

コストが安いで有名なeMAXIS Slim

待ってました。

運用管理費(信託報酬)0.1728%

まだ出来たばかりなので純資産総額は少ないですが

これから増えるでしょう。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)目論見書 2018/07/03

私は早速、毎日積立て設定開始しました。

バンガード・トータル・ストックマーケットETF(VTI)

バンガード社の人気ETFのVTIです。

VTIは米国ほとんどすべての株式に投資するETFです。

銘柄数は3000以上で米国株式の99%網羅しています。

大中小問わず米国株に投資ができます。

S&P500と比べても数が違います。

つまり、それだけ分散ができるという事になります。

バンガード®・トータル・ストック・マーケットETF

投資信託でVTIを購入する

完全に一択です。

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天バンガードファインド)

単純にVTIを買うだけの投資信託です。

楽天・バンガード・ファンド(全米株式)

運用管理費(信託報酬)0.1696%(税込み)

ETF直接買う場合の管理費は激安の0.04%なので

楽天が管理費約0.12%ほど取って投資信託にしている投資信託です。

それでも投資信託は楽なので100円から買えますし

こちらも毎日積立設定して購入することにしました。

まとめ

S&P500もVTIもどちらも優秀でどっちがいいというのはありませんが

個人的に多く買っているのはVTIですね。

ウェルスナビで採用されているのはVTIなので

間接的に保有していることになります。

投資信託購入しすぎな感はありますが

投資信託は絶対にずっと買わないといけない事ではなく

私は定期的に売ったりしてます。

ずっと買っているものもありますが

売りたいときにどこかで売っても全然問題なし。

100円から購入できるのでお手軽に投資していきましょう。

他の資産運用はこちら

AD3
AD3

シェアする

フォローする