資産運用

私がNISAをおすすめする3つの理由

こんにちは
みなさんNISA(ニーサ)使ってますか?
使ってない人は損してますよ。
せっかく使えるのに使わないと

 

NISAとは2014年から導入された「少額投資非課税制度」です。

そのNISAにオススメ理由紹介します。

 

オススメ理由その1

 

配当金や売買益が非課税!

 

年間120万円まで購入可能
ただし一般口座や特定口座と損益通算などはできないので注意。
NISA講座は単体として扱いましょう。

一般口座や特定口座は配当金、売買益に関しては20%税金として取られます。
※復興特別税抜きで

NISA講座は税金がかからないという事です。

 

 

オススメ理由その2

 

少額から投資できる。
商品によっては1万円しない上場株式や株式投資信託もあります。
120万円まで使わなくても、使いたいだけ使える点もメリットです。

 

 

オススメ理由その3

 

非課税期間は5年間

5年間の非課税期間が終了した後は、
保有する商品を翌年設定される非課税枠に移管することができます。

 

2014年に100万NISA口座で購入した場合
2018年いっぱいで非課税期間が終了します。
ですが2019年分のNISA枠にいれればその分はさらに5年間非課税となります。

 

2014年→2019年→2023年までは非課税となります。
合計10年間です。これ以上は延ばせません。
2019年のNISA枠100万円分は使えません。

 

非課税期間が終わった分に関して、
翌年のNISA口座にいれなくても
一般口座、特定口座にすることも可能です。
※一般口座、特定口座は税金が20%かかります。

 

口座開設可能期間は2014年から2023年の10年間です。

 

つみたてNISA(積立ニーサ)について

 

NISAとは別でつみたてNISAが2018年から始まりました。
NISA口座持っていた方は積立NISAと従来のNISAを選ぶ必要があります。
両方は使えません。

 

つみたてNISAの特徴

NISAとの違い

 

その1

購入可能金額が年間40万円

 

その2

積立形式のたリスク分散できる。

 

その3

非課税期間が20年
投資可能期間も20年の為
NISAのようにはじめ投資した分をもういちどつみたてNISAにいれると
合計40年になります。

 

その4

対象商品が選びやすい。
値動きの激しいものは対象になってないため、コツコツ資産形成ができす。

 

どちらを選べばいいの?

 

NISAを選べばいい人

・年間40万以上投資する
・株式メインで投資する

 

積立NISAを選べばいい人

・投資信託、ETFメインで投資する
・少額しか投資しない
・長期間で資産形成をする

 

になります。

 

私はNISA口座で運用してます。
投資信託も積み立ててますが、そのままNISA口座に入れてます。

つみたてNISAをするなら

個人型確定拠出年金の「iDeCo(イデコ)」をすればいいという考えなので、

積立ではないNISAを選んでいます。

 

ではでは