トライオートETFでETFを自動売買 評判やメリット・デメリットは?

シェアする

こんにちは、soraです。

今回はETFの自動売買が出来るサービスの紹介をしたいと思います。

インヴァスト証券の「トライオートETF」というものです。

ETFとは?

Exchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」と呼ばれています。

連動する指数は株式だけでなく、債券、REIT(リート)、通貨、コモディティ(商品)の指数もあります。

ETFに興味あるけど

・買うタイミング、売るタイミングがわからない

・考える時間がない

・自動で売買してほしい

そんな方におすすめなのが「トライオートETF」です。

トライオートETFとは?

ETFを自動売買する仕組みです。

自分のスタイルや過去の実績に合わせてETFをセレクトするだけ。

自動売買セレクトのリターン順でいうと、ナスダック100トリプルが1位です。

このナスダック100トリプルは

2017年1月には70ドル前後だった価格も150ドルを超えてきたため今回の3分割となりました。

なぜETF?

過去10年で世界のETFの本数は約3倍に
アメリカでは5割以上の個人投資家が利用

米国も米国以外もETF市場は右肩上がりです。

自動売買なら仕事に集中できる!
利用者の半数が会社員。特に忙しい人に朗報

今、株価がどのくらいになったか確認する必要もなく

たまに設定や価格を見る程度で十分。

年齢も20代も20%と多いです。

投資と聞くと若い人が少ないイメージでしたが

そんなこともないです。

相場に合わせて注文を繰り返す

決済利益をコツコツと積み上げてくれます。

夜寝ている間も自動売買してくれる。これが大きいですね。

とくにレンジ相場(ボックス相場)で威力を発揮します。

アプリを使って簡単に注文、設定できる

約定結果を通知出来る。

成績が簡単に見れる。

視覚的にわかりやすい。

かかる費用は?手数料は?

自動売買の手数料は無料。

実際にかかる費用は

・買いと売りの差額 スプレッド(0.05~0.3%)

・CFDの仕組み採用している為、金利がかかる(0.9%程度)

(金利2%の場合、10万のETFに対して年間2000円程度)

メリット

毎日の値動きで細かく売買して利益が少しずつ増える

24時間365日お金を動かしてくれる。

レバレッジをかけれる。(5倍まで)

元手以上の金額を動かせる。

流動性、コスト、規模を考慮したETFが厳選されている。

口座開設費、維持費、アプリ利用料がすべて無料

2,3万~5万くらいあれば始めれる

デメリット

実際のETFと乖離がでる可能性あり

手動購入(マニュアル)の場合10口からなので

そこそこの資金が必要。

ロスカットされる可能性がある。

口座開設方法

新規口座開設キャンペーン

キャンペーン期間

2018年4月1日(日) ~ 2018年6月30日(土)

キャンペーン内容

期間中にトライオートETFに新規口座開設のうえ、口座開設の翌月末までに「自動売買セレクト」を使ってお取引いただき以下の条件を達成したお客さまに、10,000円プレゼントいたします。

・入金額 50万以上

・お取引条件 自動売買で10口以上のお取引

・プレゼント金額 10,000円

レバレッジをかけて積極的に投資したいかた

ETFを自動売買したいかたはどうぞ↓

トライオートETF

他の資産運用はこちら