資産運用

ドコモ dポイントで投資が出来る 資産運用サービス提供開始

こんばんは、sora(sora_ln)です。

ドコモからもポイントが投資出来るサービスが始まります。

楽天に続いて投資が気軽にできる機会が増えてます。

明らかに今まで投資していない人、または投資をした事がない

スマホ世代を取り込もうとしてます。

 

 

 

「THEO+ docomo」の提供を開始

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、株式会社お金のデザイン(以下、お金のデザイン)との提携により、dポイントを利用して投資体験ができるポイント投資サービス(以下、ポイント投資)を、2018年5月16日(水曜)から提供開始します。また、お金のデザインが提供する、ロボアドバイザーによる自動運用で、少額から資産運用ができるサービス「THEO+[テオプラス]docomo」の取扱いを、同じく2018年5月16日(水曜)から開始します。

※引用はドコモ公式サイト報道発表資料より

 

ロボアドのTHEO(テオ)タッグを組みます。

ちなみに私はウェルスナビは使ってますがテオは使っていません

多少違う所もあるかもしれませんが

どちらも同じようなものです。

ロボットアドバイザーを選んだ辺りも投資初心者を取り込もうという意図がみれます

 

楽天ポイントで投資信託が購入できるサービスとの違い

投資信託の場合、数ある中から一つを選ばないといけません

その選ぶ作業って正直大変です。

私は選ぶの大好きな方ですが、何もわからない人からすると

選択肢は少ない方が選びやすいです。

今回は2択でアクティブ型かバランス型を選べばOKなので楽です。

 

 

ポイント投資とは

ポイント投資は、dポイントクラブ会員の方なら誰でも利用いただける、dポイントを活用した投資体験サービスです。dポイントクラブのアプリまたはWEBからポイント投資サービスサイトにアクセスし、運用するポイント数と運用コースを選択するだけで、即日開始可能です。お客さまのポイントは、お金のデザインが運用する投資信託に連動して日々変動し、その状況をポイント投資サービスサイトで確認することができます。また、投資中のポイントは、1ポイント単位でいつでも引き出せ、dポイントとして利用いただけます。

気になったのが投資体験サービスという文言

わざわざ体験とつけている辺り何か違うところがあるに違いないです。

 

これに書いてあるように1ポイント単位で引き出して、dポイントとして使用出来る

という事は現金化は出来ないという事ですね。

dポイントが使える所は少しずつ増えてますがまだまだ少ないです。

 

dポイントが使える店

マクドナルド、ローソン、マツモトキヨシ、Joshin、やまや、AOKI,

タワーレコード、かっぱ寿司、高島屋、ノジマ、メルカリなど

 

私が使うとなるとローソンかメルカリになりそうです。

 

THEO「テオ」の説明

「THEO+ docomo」は、お金のデザインが提供する資産運用サービスで、年齢や現在の貯金額など5つの質問に答えるだけで、ロボアドバイザーが世界の約6,000種類のETF(上場投資信託)から最適な組み合わせの運用方針を提案します。これまで機関投資家などに提供されてきた高度な運用手法で、投資初心者のお客さまでも、最低1万円から運用を始めることが可能です。

 

少額(1万)から開始可能なロボットに全部任せる投資方法

初めに質問に答えてからは、

あとは放置で何もする必要はありません

dポイントを使わなくても普通にテオプラスとして使う事も可能

 

231通りの運用プランから最適なポートフォリオを提案!

世界中のETFを最大30種類購入!

毎月リバランスを行い適正な資産配分を維持!

 

 

THEO+「テオプラス」の種類

THEO+[テオプラス]住信SBIネット銀行

THEO+[テオプラス]新生銀行

THEO+[テオプラス] JAL

THEO+[テオプラス]SBI証券

THEO+[テオプラス]docomo

THEO+ 福岡銀行

THEO+ 熊本銀行

THEO+ 親和銀行

THEO+ 沖縄銀行

 

 

テオとテオプラスの違いは?

THEO+[テオプラス]SBI証券の場合

SBI証券口座を開設する必要があります。

なので口座開設スピードが違ってきます。

またログイン方法もSBI証券の口座から出来る点などが違う所

 

THEO+[テオプラス] JALの場合

マイルが貯まります。

お預かり資産1万円につき毎月0.5マイル

お預かり資産が300万円であった場合には、毎月150マイル(年間1800マイル)が獲得

普通のTHEOの場合ポイントは貰えないのでその分お得です。

 

THEO+[テオプラス]docomoの場合

「THEO+ docomo」では、ドコモの携帯回線をお持ちのお客さまは、月末の運用残高1万円につき、dポイントが1.5ポイント/月(ドコモの携帯回線をお持ちでないお客さまは1ポイント/月)貯まります。

JALと同様にポイントが貯まります。

JAL1マイル=1.2円なので(dポイントは1ポイント1円)

THEO+[テオプラス]docomoの方がポイントは貯まりますね。

 

100万運用で1年間でどれくらいポイントが貯まる?

JAL 100万運用=600マイル(720円)

docomo回線以外 100万運用=1,200ポイント

docomo回線 100万運用=1,800ポイント
ドコモ回線なら圧倒的にdocomoの勝利
そしてドコモ以外の方もポイントがもらえてお得という結果に

お釣りも積み立て投資出来る

2018年7月(予定)には、日々のdカード®利用のおつり(お客さまが設定した単位に対するおつり相当額)を自動的に積み立てることが可能となるほか、入出金口座としてドコモ口座の利用も可能となり、証券口座との入出金手数料が無料、かつ即時の入金も可能で便利です。
まだ提供してません

THEO+docomo ポイント投資サービスの概要

提供開始日 2018年5月16日(水曜)15時

対象 dポイントクラブ会員のお客さま

 

運用するポイント数(100ポイント以上100ポイント単位)と

運用コースを選択するだけで即日開始可能。

 

アクティブコース

債券よりも株式に大きく比重を置き、高いリターンをめざすコース

(年間±16%程度変動)

 

バランスコース

株式よりも債券にやや比重を置き、安定したリターンをめざすコース

(年間±12%程度変動)

 

運用中のポイントは、1ポイント単位でいつでも引き出して使うことができる。

 

ポイントに注目してましたが、普通にロボアドとして資産運用できます。

むしろそこがメインです。

 

 

「とりあえず円預金」THEOはそんな常識を変える

 

 

NTTドコモの吉澤和弘代表取締役社長は、

「昨今、“貯蓄から資産形成へ”というテーマに大きな関心が集まっている。しかし、興味があっても投資は難しそうというイメージがあり、7割近い方が投資を経験したことがない。そのような方々に向けて、ドコモならではの簡単で分かりやすいサービスを用意した」と説明

 

はじめに投資体験サービスとあったように

投資はよくわからないという方には

分かりやすいサービスとなっています。

 

まだ投資に手を出していない方は

これを機に資産形成していきましょう

 

 

他の資産運用はこちら