資産運用

紛失していた年金手帳を発見したので確定拠出年金イデコ(iDeCo)を始めようと思う

紛失していた年金手帳を発見したのでイデコ(iDeCo)始めようと思う

実はまだ始めていなかったイデコ。

まだやってなかったのかよという突っ込みはなしでお願いします。笑

開設しようと思って年金手帳がいることがわかって

探していたのですが、紛失中でしたが、掃除していたら発見しました。

一番ダメなパターンですね。そのままにしておくとか

 

 

 

 

イデコとは

個人型確定拠出年金

老後のために、いま、できる、こと

でiDeCoと言う名前になってます。

 

私的年金の制度です。

老後資金を作るうえで利用しない手はないです。

 

 

加入条件

20歳以上60歳未満の方

 

 

3つの税制メリット

掛金が全額所得控除!

年末調整、確定申告で税金が戻ってきます。

これが一番大きいです。

年収と拠出額によって金額は変わりますが

確実に所得税の節税になります。

 

仮に毎月の掛金が1万円の場合、その全額が税額軽減の対象となり、所得税(10%)、住民税(10%)とすると年間2.4万円、税金が軽減されます。

 

運用益も非課税で再投資!

「iDeCo」なら非課税で再投資されます。

益になるか損になるかはわかりません

普通に利益出ると

20.315%(=所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)

この分は税金でもっていかれますが

これがかからないのは大きいです

 

受け取る時も大きな控除!

年金として受け取る場合は「公的年金等控除」、一時金の場合は「退職所得控除」の対象となります。

 

イデコって何?イデコ公式サイトより

 

毎月の最低金額は?

月5000円からはじめれます。

 

拠出限度額は?

MAX拠出額は人により違います

自営業・学生

拠出限度額 月額6.8万

 

専業主婦

拠出限度額 月額2.3万

 

サラリーマン

上の表参照

拠出限度額 月額2.3万

拠出限度額 企業型DCあり 月額2.0万

拠出限度額 企業型DC、確定給付型年金 月額1.2万

 

公務員

拠出限度額 月額1.2万

 

 

最大のデメリット

60歳まで引き出せない。

これをメリットと捉える人もいるかもしれませんが

(使ってします人など)

 

 

 

投資する商品

運用する商品は自分で選びます。

元本確保型商品

定期預金や保険商品があります。

 

投資信託

厳選された投資信託になります。

  1. 国内債券型
  2. 外国債券型
  3. 国内株式型
  4. 外国株式型

パッシブ型、アクティブ型があり

初心者の方は選ぶの苦労しそうです。

 

 

まとめ

若い方は投資期間という時間が使えるので

投資信託一択でOK。

リスクを取って攻めましょう。

 

運用はじめるのに2ヵ月かかるようなので

はずは資料請求からはじめましょう

まだ始めていない方はこの際一緒に始めましょう!

私は現在資料請求中です←

 

 

他の資産運用はこちら