保険は入るべき?生命保険、医療保険、がん保険は本当に必要?

シェアする

保険は入るべき?

日本では保険は入っていない人を見つける方が大変ですよね(健康保険除く)

最近毎週のように保険の営業が来ていて、格好の標的にされております。

生命保険、医療保険、がん保険

主にこれの営業をされているのですが本当に必要でしょうか。

賛否あるかと思いますが、必要な人には必要だと思います。

人によります。

生命保険が必要な人

そもそも生命保険に入らなければいけない人は

自分が死んだときにお金を残す必要がある方です。

結婚していて子供がいる方

生命保険の必要性は高いです。

子供が独立したら必要性は低くなります。

生命保険が必要ない人

結婚していて子供がいない方

必要ありません

貯蓄にまわして問題ないです。

生命保険に頼るのではなく自分で貯金しましょう。

独身の方

必要ありません。

いるのは葬儀代くらい

払えるだけは貯めておきたいですね

十分な預金がある方

わざわざ保険に入る事もないです。

まとめ

子供がいるかによります。

独身の人は死亡保険はいりません。

医療保険、がん保険は必要?

貯蓄で対応出来るならいりません。

高額療養費制度

医療費を1か月どれだけかかっても自己負担が8万~9万ほどになる制度

傷病手当金

標準日額3分の2に相当する金額が最長1年6ヵ月支給

入院しないといけないとなってもこの2つの制度があるので

もし一ヶ月入院するとなっても

50万あれば対応出来ます。

貯蓄を崩したくはないですが、緊急時は仕方ないです。

医療保険に入っても全額負担となるわけではないです。

がん保険について

「2人に1人はガンになる」といわれていますね。

がんに関しても高額医療費制度が適用になる為、

仮になっても1年目で払う金額は50万程度です。

先進医療が必要になってくる場合は2パーセントほどなので確率的に対応させていません。

ほどんどは健康保険で対応可能です。

150万あれば貯蓄で対応可能なので入る必要なないです。

保険に入っている人は元を取るのほ厳しいと言えます。

普通にその払っているお金で資産形成するのも一つの手です。

まとめ

貯蓄が出来ていない人は保険に入るべき

不健康な生活で体を壊すより

健康な生活を心がけましょう。

ご参考までに