資産運用

ひふみプラス 組入比率2位にあの米国銘柄が追加。1位も米国株に変更

 

ひふみプラス組入比率2位にあの米国銘柄が追加。1位も米国株に変更

 

ひふみプラスの運用レポート出てました。

運用成績がいい「ひふみプラス」どう運用しているか気になります。

私は実際に投資しているので余計ですが

実際に投資していない人もプロがどのように銘柄を組み替えているか

見てみると参考になりますよ。

 

 

運用成績

まずは運用成績から

 

1ヵ月前 3ヵ月前 6ヶ月前 1年前
ひふみプラス -0.7% -1.6% 12.1% 29.9%
TOPIX -2.0% -4.7% 3.6% 15.9%

 

さすがの成績ですね

インデックスファンドには負けていません。

いつまで続くかは誰も知りませんが

 

 

資産分配比率

国内株式 84.3%

海外株式 8.6%

現金   7.1%

 

海外株式と現金が増えてますね

これは前回書いた記事の通りで

詳しい%までは出ていませんでしたが

レポートでは詳しく出ています。

 

 

組入銘柄

 

1 Amazon 1.8%

2 VISA 1.8%

3 東京センチュリー 1.8%

4 Microsoft 1.7%

5 協和エクシオ 1.7%

6 光通信 1.6%

7 コスモス薬品 1.5%

8 ショーボンドホールディングス 1.5%

9 SGホールディングス 1.4%

10 GMOペイメントゲートウェイ 1.4%

 

 

米国株多くなってますね

やはり1位はアマゾンでした。

トランプさんに攻撃されていますがAmazon買っておけばOK

そして2位はVISAです。

 

 

前回の米国株の比率からの変化

Amazon  1.2%→1.8%

VISA      0%?→1.8%

Microsoft  1.3%→1.7%

 

海外株式 3%→8%

あれ日本株のアクティブファンドだったような・・

海外株式比率上がってます

 

 

2018年3月度

詳しくは

ひふみプラス 月次運用レポート(作成2018/4/6 作成基準日2018/3/30)

 

 

他にも気になる投資信託あれば

運用レポート出しているのでチェックしてみましょう

 

他の資産運用はこちら