資産運用

ロボアドバイザー国内大手4社で残高1000憶円突破

 

今注目されている「ロボアドバイザー」通称「ロボアド」が残高1,000憶円を突破しました。

 

投資の知識のない初心者でも簡単に投資出来る為、

お手軽に投資したい方に人気が出ています。

また少額で始めれるのも投資未経験者もスタートしやすい利点です。

 

コンピュータープログラムで算出した最適な資産運用法を指南する「ロボットアドバイザー(ロボアド)」の運用残高が伸びている。国内大手4社の残高は2月末で計1220億円と1年間で4倍以上に膨らんだ。登場から2年が経過し、1000億円の大台を初めて上回った。手軽さを武器にIT(情報技術)に抵抗感がない若年層の資金を集めている。日本経済新聞より

 

 

 

 

ロボアドバイザー国内大手4社で残高1000憶円突破

国内大手4社とは「WealthNavi(ウェルスナビ)」「THEO(テオ)」「楽ラップ」「MSV LIFE」の4サービスです。

ウェルスナビ「WealthNavi」

2018年1月24日時点

・申込件数は7万口座

・預かり資産は600億円突破

 

ウェルスナビはノーベル賞受賞理論に基づいた「長期・積立・分散」の資産運用を全自動で行うサービスです。リスク、運用金額を選ぶだけで手軽に投資出来ます。

 

提携

SBI証券向けに「WealthNavi for SBI証券」

住信SBIネット銀行向けに「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」

全日本空輸(ANA)向けに「WealthNavi for ANA」

ソニー銀行向けに「WealthNavi for ソニー銀行」を提供

 

また3/22より

イオン銀行向けに「WealthNavi for イオン銀行」も開始されます。

 

私もウェルスナビは運用中です。

 

 

お金のデザイン「THEO(テオ)」

2018年01月31日時点

利用者 32,730人

預かり資産、預かり金額 230憶円

 

1年で利用者5倍に増やしているのがTHEOです。

ウェルスナビには及びませんがこの2社で880憶円になります。

 

ロボアドとして唯一、毎月の自動リバランス・リアロケーションを実装しています。

またポートフォリオが細かく設定できる点がウェルスナビと違います。

 

 

楽天証券 「楽ラップ」

預かり資産は2017年11月までで200億円を突破

 

少し古いデータですが

楽ラップの方がTHEOより預かり資産多いですね

 

たわらノーロード 投資信託の運用が中心

ウェルスナビ、THEOの2社と違う点は手数料が選べるという点です。

成功報酬併用型と固定報酬型があります。

成功報酬併用型

運用管理手数料+成功報酬 運用額の積み上げ上限5.4%なので

利益が大きくなると手数料大きくなってきます

運用成果2%を超えると固定報酬型がお得になります。

 

手数料コースの変更

契約期間の途中で手数料コースを変更することはできません

1年契約で1年毎に変更できます。

 

 

マネックス証券「MSV LIFE(マネラップ)」

預かり資産のデータはありませんでした。。

積立平均額は月3万

 

MSV」はマネックス・セゾン・バンガードの略

「マネラップ」はマネックス証券のラップ口座

 

投資対象は国内外の6000種類のETFで運用

 

最低投資金額

他との一番の違いは最低投資金額です

1,000円以上1,000円単位で始めれる点

 

THEOでは1万

WealthNaviでは10万円

となっています。

 

まとめ

ウェルスナビ 600憶

テオ 230憶

楽ラップ 200憶

マネラップ ?

 

3社で1,000憶余裕で突破

預金から資産運用にお金流れていますね

 

他の資産運用はこちら