テクニカルチャート分析 MACDとは?見方と使い方

シェアする

こんばんは、最近チャート分析の勉強を始めたsoraです。

株取引をする上で知らないよりは、チャート系の分析方法も

知っておいた方がいいなと考え、最近勉強始めました。

MACD?・・・

MACDとは?

正式名称はMoving Average Convergence/Divergence Trading Method

読み方はマックディー

日本語で言うと移動平均収束拡散手法と言います。

2種類の移動平均線でトレンドを分析、売りと買いを判断する方法です。

MACD計算式、作成方法

MACDの計算方法
MACD = 短期EMA - 長期EMA

短期EMA(12日EMA):過去12日間の終値指数平滑平均

長期EMA(26日EMA):過去26日間の終値指数平滑平均

シグナル(9日EMA)=9日間のMACDの移動平均線

ヒストグラム

MACDを表示した時に出ている棒グラフのことです。

MACDヒストグラムの計算式

MACDヒストグラム=MACD-シグナル

MACDとシグナルがどれだけ差があるかです。

MACDの買いのサインと売りのサイン

買いのサイン ゴールデンクロス

0ラインより下で

MACDがシグナルを下から上え突き抜ける事

売りのサイン デッドクロス

0ラインより上で

MACDがシグナルを上から下に突き抜ける事

0ラインとは

MACD、シグナルの値が0になるチャートの横軸

トレンドの勢い

上昇トレンド

0ラインより上で、0ラインより離れるほど強い上昇トレンドになります。

下落トレンド

0ラインより下で、0ラインより離れるほど強い下落トレンドになります。

ダイバージェンス

逆行現象の事です。

株価が上昇トレンドにある時に、MACDのゼロラインが下落トレンドを示しているなど

まとめ

チャートも参考にして、

世の中の経済状況、業績などと合わせて分析するのが一番です。

売買に100%はないです。

またMACDには横ばいの場合はダマシも多いので注意が必要です。

他の資産運用はこちら

AD3
AD3

シェアする

フォローする