資産運用

SBI証券 米国株定期買付サービス設定しようとしたら・・ & アルファベット株AとCの違い

SBI証券 米国株定期買付サービス設定しようとしたら・・

 

以前記事にしていました

ETF、米国株 定期買付サービス

あわせて読みたい
SBI証券新サービス 米国株式/米国ETF定期買付サービス開始のお知らせ 米国株式/米国ETF定期買付サービス開始のお知らせ こんなサービスを探していました。 米国株買いたいけど 買う...

 

早速口座作って定期買付設定しようとしましたが

 

 

 

こちらが積立て設定画面

 

アマゾン ドットコム(AMZN)

これを買っていおけば間違いないと言われているAmazon

 

投資信託みたいに金額設定できるのかとおもってたら違いました(;’∀’)

 

金額は2018/03/12時点の金額です。

 

最低単位 1株

最低金額 183,974円

1,634.16米ドル

が必要なのです。

勘違いしてました。。

 

18万もいるのか

しかもよくよく読むと米国株にはストップ高、安という概念がなく

金額指定の場合20万と指定していた場合買えない場合がある

 

あたりまえだけど米ドルにしてから買わないといけない

 

と色々と制約が多いです。

毎月20万くらい余裕で買えるよという方は

使ってもいいかもしれませんが

普通買えないよね。笑

いや買える人は積立てとかしてないでしょう。笑

 

アマゾンを諦めろって事ですか

アップル(AAPL) なら21,000円で買えますが(‘ω’)

 

 

アルファベット A(GOOGL) とアルファベット C(GOOG) の違い

Google(グーグル)の株なんで2つあるの?

 

答えは議決権の違いです。

 

GOOGLは議決権あり

GOOGは議決権なしです。

 

議決権のないGOOG株が議決権のあるGOOGL株の価格に追随しない場合、

GOOG株の保有者に対してGoogleが補償すると約束しています。

なので同じ株価になります。

 

議決権あり クラスAと呼ばれている

クラスBは創設者が保有(1株当たり10の議決権)

議決権なし クラスCと呼ばれている

 

 

 

初回買付手数料が実質0円!米国株式・ETF定期買付&カストックキャンペーン

キャンペーンが始まってました

貸株と定期買付設定して1回約定すると手数料キャッシュバックしますという内容

 

キャンペーン期間

2018/3/12(月)~ 2018/4/30(月)

 

キャンペーン対象条件

①4/25(水)までに、カストック(米国貸株サービス)をお申込みいただいたこと

※すでに米国貸株サービスを利用しているお客さまも対象となりますが、解約したお客さまは対象外となります。

②キャンペーン期間中に米国株式・ETF定期買付で一回以上約定されたこと

 

キャッシュバック対象

キャンペーン期間中の米国株式・ETF定期買付での初回手数料※

  • ※最低5米ドル、最大20米ドルの範囲で、円貨決済の場合は日本円、外貨決済の場合は米ドルにてキャッシュバックします。

 

 

そこまでおいしいキャンペーンではないです

 

 

個人的に

One Tap BUY(ワンタップバイ)で十分です。

 

 

他の資産運用はこちら