One Tap BUY(ワンタップバイ)を始めました。ではなく始めたい

シェアする

One Tap BUY(ワンタップバイ)を始めました。ではなく始めたい

だれでも気軽にはじめられる株式投資、
スマホ証券 One Tap BUY

前から気になってたので

始めようと考えてます。

すみません

まだ始めれてなくて、只今、口座開設途中です。

売買できる銘柄は日本30、米国30と限られています。

これだけ絞られていると迷う必要ないですね

最低購入金額は1,000円から

売買手数料は購入金額の0.5%(税込)

厳選した米国株 30銘柄

銘柄名 ティッカー 業種
アマゾンドットコム AMZN オンライン販売会社
アップル AAPL パソコンメーカー
アルファベット GOOGL
(classA)
サーチエンジン「Google」・プロバイダー
ボーイング BA 航空機メーカー
キャタピラー CAT 重機メーカー
シスコシステムズ CSCO データネットワーク製品メーカー
タペストリー TPR 総合ファッション企業
コカコーラ KO 清涼飲料メーカー
コストコ COST 会員制倉庫型店舗
ウォルトディズニーカンパニー DIS エンターテインメント会社
エクソンモービル XOM 石油化学メーカー
フェイスブック FB ソーシャルネットワーク・ウェブサイト運営会社
ギャップ GPS 衣料小売専門会社
GE GE 技術・メディア・金融サービス会社
ゼネラル・モーターズ GM 自動車メーカー
エイチピー・インク HPQ コンピューターメーカー
IBM IBM ビジネス用途のコンピュータ関連の製品およびサービスを提供
インテル INTC 半導体メーカー
クラフトフーズ
(モンデリーズ・インターナショナル)
MDLZ 飲食料品会社
マクドナルド MCD ファーストフードチェーン
マイクロソフト MSFT ソフトウエアメーカー
ナイキ NKE スポーツ用品会社
P&G PG 家庭用化学品メーカー
ファイザー PFE 医薬品会社
スターバックスコーポレーション SBUX 自社ブランドコーヒーの小売販売会社
タイムワーナー TWX メディア・エンターテインメント会社
ツイッター TWTR ミニブログサービス
テスラ TSLA 電気自動車開発・販売
ビザ V 国際決済サービス
ゼロックス XRX オフィス機器メーカー
SPDR(スパイダー)S&P500 ETF SPY 米国ETF
Direxion Daily S&P500 Bull 3X ETF SPXL 米国ETF
Direxion Daily S&P 500 Bear 3X ETF SPXS 米国ETF

詳細は

https://www.onetapbuy.co.jp/brands.html

厳選した日本株 30銘柄

銘柄名 銘柄コード 業種
積水ハウス 1928 住宅製造販売
明治ホールディングス 2269 食品製造
キリンホールディングス 2503 酒類製造
セブン&アイホールディングス 3382 コンビニエンスストア&商業施設運営
花王 4452 ヘルスケア商品製造
武田薬品工業 4502 医薬品製造
オリエンタルランド 4661 テーマパーク運営
ヤフー 4689 Web検索・ポータルサイト運営
楽天 4755 ECサイト運営
資生堂 4911 化粧品製造
ブリヂストン 5108 自動車タイヤ製造
TOTO 5332 住宅設備機器製造
リクルートホールディングス 6098 情報提供サービス・情報誌発行
パナソニック 6752 家電製造
ソニー 6758 家電製造
キーエンス 6861 精密機器製造
ファナック 6954 産業用ロボット製造
村田製作所 6981 精密機器製造
日産自動車 7201 自動車製造
トヨタ自動車 7203 自動車製造
本田技研工業 7267 自動車・オートバイ製造
良品計画 7453 生活必需品製造販売
キヤノン 7751 カメラ・光学機器製造
任天堂 7974 ゲーム機・ゲームソフト製造販売
ユニ・チャーム 8113 衛生用品製造
みずほフィナンシャルグループ 8411 銀行業
ヤマトホールディングス 9064 運送業
セコム 9735 警備
ニトリホールディングス 9843 ホームセンター運営
ファーストリテイリング 9983 衣料品製造販売

詳しくは

https://www.onetapbuy.co.jp/brands_jpn.html

日本株は普通に買うので使いませんが

私的には使うのは米国株だけですね

ミニ株のような扱いです

メリットデメリット

メリット

スマホで簡単に売買可能

1,000円から購入可能

24時間取引可能

デメリット

手数料が高くなる場合がある

30銘柄しか購入できない

手数料

外国証券

取引コスト(売買手数料相当額)
  • 米国の本市場開場時間帯:0.5%
    取引所開場時は、リアルタイムの株価に0.5%のスプレッド(手数料相当額)を加減した価格でお取引いただきます。買いの場合は加算、売りの場合は減算します。
    なお、本市場開場時間帯は、月曜日~金曜日の日本時間23時30分~翌6時(サマータイムは1時間繰上)
  • 上記以外の時間帯:0.7%
    直近の終値に0.7%のスプレッド(手数料相当額)を加減した価格でお取引いただきます。

※弊社の取引コスト(売買手数料相当額)に下限はありません。
注文金額1,000円の場合→5円、10,000円の場合→50円

為替交換レート
  • 1ドルあたり0.35円
    リアルタイムのレートにドルあたり0.35円のスプレッドを加算したレートを株式の買い付け時に、減算したレートを売却時に適用します。
    なお、週末など為替市場が休場の場合は、直近の終値をベースにスプレッドを加減したレートとします。

詳しくは

https://www.onetapbuy.co.jp/cost.html

特に株初心者には買いやすいです。

わかりやすいアプリ。

金額が固定されている。

高額になればマネックスやSBIで

普通に米国株買った方が手数料的には安いので

10万以下で投資する場合はワンタップバイがオススメです。

他の資産運用はこちら

コメント

  1. YAWARA より:

    奇遇ですね。私も最近ワンタップバイを始めました。口座開設まで2週間ちょっとかかりました。

    私はamazon一択で積み立てをしていこうと思います。

    ワンタップバイには結構な大企業が出資しているので、
    コインチェック、ラッキーバンク、ワンタップバイとはならない、はずです。。。

    • sora より:

      コメントありがとうございます(^-^)
      口座開設まで長いですね〜
      今すぐ買いたいってわけでもないのでゆっくりと待ちます。
      Amazon一択ですか。たしかにAmazonは間違いないけど、、GoogleやAppleも買おうと思ってました

      ワンタップバイは証券会社と同じ扱いなので倒産しても大丈夫なはずです!