投資したばかりのラッキーバンクに行政処分勧告 運悪すぎる

シェアする

投資したばかりのラッキーバンクに行政処分勧告

あの、投資したばかりなのですが・・・

行政処分勧告が出る前日に(;’∀’)

現在 11万円投資中です。。

いやまさかですね。

ラッキーバンク評判悪くなかったのに

コインチェックといい。。またまた巻き込まれてしまった(´;ω;`)ウゥゥ

ラッキーバンク・インベストメント株式会社に対する検査結果に基づく勧告について

関東財務局長がラッキーバンク・インベストメント株式会社を検査した結果、

本日、証券取引等監視委員会は、内閣総理大臣及び金融庁長官に対して、

金融庁設置法第20条第1項の規定に基づき、行政処分を行うよう勧告した。

法人向けローンを出資対象事業とする匿名組合の出資持分の取得勧誘を行い、

その出資金により貸付事業を行っている。

貸付先のほとんどは、田中 翔平 代表取締役の親族が経営する不動産事業を営むX株式会社となっており、田中社長を含む取締役全員がX社における不動産事業の会議に参加し各事業の進捗状況等の報告を受けているほか、平成28年4月から同29年2月までの間においては、内部管理責任者である取締役をX社の不動産事業部に兼務させるなど、当社とX社は密接な関係の中業務を行っている

(平成29年8月末現在、償還期限が到来していないファンドは、185本、出資金約62億円)。

・貸付先のほとんどは親族が経営する不動産事業を営むX株式会社となっている

金融商品取引契約の締結又はその勧誘に関して、重要な事項につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

(1)貸付先の審査につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

貸付審査の状況を検証したところ、X社より提出された財務諸表において、売却契約の締結に至っていない物件を売上に計上するなどして、純利益や純資産が水増しされているにもかかわらず、これを看過していたほか、X社が手掛ける複数の不動産事業について事業期間が延長となる事態が発生し、この間、X社は売却資金を得られず、平成29年3月以降に償還期日を迎えるファンドに係る借入金の返済が困難な状況となっていることを認識したにもかかわらず、その後もX社を貸付対象先とするファンドの募集を継続している。

返済が困難な状況なのにファンドを募集している

募集したファンドで返済していたのではないでしょうか?

(2)担保物件の評価につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

X社への貸付けを行っているファンド318本のうち252本について、「不動産価格調査報告書」を当社ウェブサイト上の募集要領に掲載しているが、当該報告書は、正式な不動産鑑定評価を行った上で作成されたものではなく、対外的に公表できない不動産価格をウェブサイト上に掲載し、ファンド出資持分の募集を行っている。

・報告書は正式な不動産鑑定評価を行った上で作成されていないという事です。

ラッキーバンクより

証券取引等監視委員会の勧告について

弊社は、今般の検査結果を踏まえ、改善策を策定・実施し、皆さまからの信頼向上に向け、全役職員一丸となって取り組んでまいります。

また、本件詳細につきましては、今後改めてご説明させていただく予定です。

どういう処分になって

ラッキーバンクがどう対応していくのか見守りたいと思います。

他の資産運用はこちら

コメント

  1. YAWARA より:

    ニュースをチェックしていると「ラッキーバンク?聞いたことがある…、あっ。」となりました。

    最終的にどうなるか、決まるまでに時間がかかりそうな感じですね。

    • sora より:

      こんなのばかりです((( ゚д゚ ;)))
      また10万円が拘束されました。(;ω;)
      戻ってきては、なくなる運命なのです。。